東京の桜☆開花時期は?おすすめの場所やイベントと言えば!?

スポンサードリンク

50107810

春の風物詩と言えば、桜ですね。
お花見を楽しんだり、休日にちらっと見て楽しむことを考えている方も少なくないでしょう。
ピンク色の可愛らしいお花がいくつも咲き誇る様子は、日々の喧騒を忘れさせ、心を癒やしてくれるものです。

では、東京の桜が開花して見頃を迎えるのはいつ頃なのでしょうか?
また、オススメの場所やイベントもチェックしておきたいですね!

東京の桜☆開花の時期

東京は国内で言えば、それほど気温が高いわけではない地域ですので、桜の開花の時期もややゆっくり目です。
東京の桜の開花は、だいたい3月26日頃に始まり、満かいになり見ごろを迎えるのは4月3日頃となっています。
ただし、この時期に関してはその年の気候により大きく変動しますので、気象庁が発表する開花予想をよく確認しておくことが大切です。

例えば2015年の東京の桜の開花時期は、3月23日頃でした。
満開と判断されたのは3月29日です。
このところ数年間、開花時期が平年よりもやや早目になっている傾向があります。

2016年は暖冬と言われています。
そのため、桜もかなり早い時期から、春が来たと勘違いして咲き誇ってしまう可能性があります。
桜の開花予想をよく確認しながら、できるだけ早めの日程でお花見を計画しておいた方が良いかもしれません。

東京の桜☆場所でおすすめは?

東京と言えば大都会でごみごみとしたイメージがありますね。
ですが、東京の桜は場所によっては非常に素晴らしく、遠方からでも訪れてみる価値のあるものとなっています。

例えばおすすめのスポットとしては、芝公園。
これは東京都港区にある桜の名所で、満かいの桜と共に、東京タワーを眺めることができます。
桜と東京タワーのコラボは、写真に納めておきたいシーンですね!

それから歴史ある桜の名所と言えば、東京都墨田区にある隅田公園です。
こちらは8代将軍の徳川吉宗が造ったと言われる桜の名所ですね。
百選にも選ばれる場所なので、チェックしておきましょう。

スポンサードリンク

もし、東京の桜の開花時期に合わせて訪れることができなかった場合、ちょっと時季外れな桜を楽しめる場所もあります。
それが、清澄庭園です。
これは東京都江東区にあり、明治を代表する庭園としても有名なスポットです。
こちらは4月中旬に見ごろを迎えることが多いので、ちょっと出遅れたという方はこちらで花見を楽しんでみましょう。

東京の桜☆イベントで楽しむなら?

せっかくの桜の季節。
ただ桜を眺めて楽しむだけではなく、どうせならイベントで気分を盛り上げたいという方もいらっしゃるでしょう。
東京の桜のイベントは、イロイロなスポットで多彩に繰り広げられていますので、要チェックです。

例えば桜の名所、隅田公園では、桜橋花まつりと銘打ったイベントが開催されます。
4月の上旬に開催予定となっており、花のステージや地元の園児、学生による歌や楽器演奏、パレードなどで盛りあがります。

地元で人気のお店も出店するので、イロイロな楽しみ方ができるイベントですね。
こちらのスポットは夜桜も人気で、18時30分~21時まではライトアップも楽しめますので、昼間から夜までイベントや桜の表情の変化を楽しんでみても良いでしょう。

それから、東京都港区にあるミッドタウン・ガーデンの桜のイベントも人気です。
春の訪れが楽しめる屋外のラウンジや、桜の見えるレストランがあったり、また春限定のお料理やお花見スイーツなども登場します。

春のフォトサービスや着物レンタル、着付けのサービスなどもあり、素敵な思い出を残せること間違いなしです。
そんなミッドタウンの桜のイベントで、特に注目なのが夜間のライトアップです。
幻想的な桜は、息をのむ美しさで、遠方からでもわざわざ訪れる価値がありますね。

まとめ

東京の桜が開花する時期は、3月下旬頃。
見ごろは4月上旬が一般的ですが、今年に関しては3月下旬を目標に予定を立てた方が、ちょうど見ごろの桜が楽しめるかもしれません。
人気の場所で楽しみたいなら、できるだけ早めに準備しておきましょう!
デートにぴったりなイベントも、見逃せませんね!

スポンサードリンク